読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち晴れ、日常ときどき非日常。

日常と向き合ったり、非日常を感じるためのブログ。

山崎まさよし"One more time, One more chance"

ナイスな音楽

f:id:tavivid:20161223225857j:plain

昨日の記事で山崎まさよしさんの"One more time, One more chance"という曲に触れました。

これですね。 

 

tavivid.hatenablog.com

 

 

 

ピコーン

 

 

ここで、ぼくの第六感が何かを感じ取りました。

 

 

なんとなく山崎まさよしさんをウィキってみたところ、

 

 

 

なんと今日が誕生日!!

 

 

 

ちょうどよい機会なのでぼくが知っている、あるストーリーをさらっとご紹介します。

 

 

One more time, One more chance

何を話すかと言うと、One more time, One more chance

 

まさにこの曲のお話です。

 

 

ここだけの話ですが、山崎まさよしさんのこの曲は、とても切ない歌なんです。

 

 

「そんなの知ってるよ!」

 

 

という声が聞こえてきそうですが、逆にぼくはこう問います。

 

 

「ホントに?」

 

 

歌詞を読んだら、この曲が切ない歌なんだってことは誰だって分かると思います。

 

 

でも、この曲の生い立ちは知っていますか?

 

 

これを知ったらこの歌の聴こえ方が全く変わります。

 

 

歌の真相

ぼくがバンドをやってた時代に、ある関係者から聞いた話なんですが、実はこの曲は彼が阪神・淡路大震災で恋人を亡くして作った歌なんだそうです

 

え?ただの失恋ソングじゃないの?

 

ぼくもそれまではそう思って聴いていました。

 

こんな深い、重い事情があって作られたなんて思ってもみなかった。。

 

 

 

歌詞を一部引用します。

 

「これ以上 何を失えば 心は許されるの」 

 

ただの失恋ソングではない。

 

「いつでも探しているよ どっかに君の姿を」

 

もう絶対に会えないと分かっていても、恋人の姿を追いかけてしまうという切なさ。

 

「こんなとこにいるはずもないのに」

 

 

 

その背景を知ってこの曲を聴くと、聴こえ方が全く違うものになりませんか?

 

 

本人に直接確認したわけではないので、このストーリーが「100%正しい」とは言い切れませんが、本人をよく知る方から聞いたので、おそらく本当ではないかと思います。

  

ただ、そういう背景を想像しながら聴くと、歌詞に合点がいくと思います。

「夏の思い出がまわる ふいに消えた鼓動」 

という歌詞なんか、まさに、と感じざるを得ません。

 

 

奇しくも今日は彼の誕生日。 

 

ぜひ聞いてみてください。


山崎まさよし / One more time,One more chance

 

 

信じるも信じないもあなた次第、ということにしておきます。

 

 ちょうど今、「やりすぎ都市伝説」をやっているところなので。

借りパクです。

 

 

 クリスマス前に暗い話題ですみません。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

どうでもいいけど、ぼくも山崎です。 

YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST/BLUE PERIOD

YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST/BLUE PERIOD

 

 

 こちらはサントラ! 

One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Edition

One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Edition