雨のち晴れ、日常ときどき非日常。

日常と向き合ったり、非日常を感じるためのブログ。

ONE PIECEは任侠ミステリー漫画だよ?

禁断の話題へ・・・

さてさて、長引いてしまった旅行の話題もひと段落したので通常の話題に切り替えていきます。

 

今日はONE PIECEについて。

 

 

禁断の話題という見出しを付けましたが、

 

 

なぜかというと、ぼくが、

 

 

 

ONE PIECE大好きすぎるから。

 

 

 

ぼくの生きるモチベーションはONE PIECEに支えられていると言っても過言ではありません。

 

 

あれ、なんかすでにキモい感じになってきた。。

 

 

 

こんな経験ありませんか?

自分が大好きなモノを友達に熱く語りすぎて、気づいたら自分と相手との温度差が開きまくっているみたいなこと。

 

 

 

「せっかくこんなに熱い気持ちを伝えたいのに、なぜむしろ温度が下がっているんだー!!」

というなんとも言えない寂しさ

 

 

ありますよね。

 

 

逆に自分も引いていってしまうこともあるので、気持ちは充分に分かりますが。

 

 

あれ、なんなんでしょうね。

いまいちロジカルに説明できないところではあるのですけども。

 

 

で、その心配をしていたがために、これまでこのテーマにあえて触れてこなかったのです。

 

 

けど今日はそれを解禁してみます。

 

 

ONE PIECEが何かって?

今さら必要ないと思いますが、ONE PIECEってなんぞやと。

洋服じゃないですよ。

 

 

説明しようっ!!

 

 

ONE PIECEとは1997年から週間少年ジャンプで連載されている海賊をモチーフとした漫画作品で、このブログを書いている2016年11月8日の時点で845話の連載、単行本では83巻まで刊行されており、単行本の国内累計発行部数は3億4千万部で国内出版史上最高記録を樹立し、最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズとしてギネス世界記録にも認定されています!さらに海外でも累計発行部数は6000千万部を超えており、世界的にも注目されている日本を代表する大人気漫画作品なのであーる!!

 

 

 

ハァハァ・・・

 

 

 

無理やり熱量込めました。

 

 

 

あっ!ブラウザ閉じないでっ!!!

 

 

こ、ここからです。ハイ。

 

 

どんな漫画か。

ま、まぁこれも読んだことある人が多いと思うので今さらなんですが、ONE PIECEって、「主人公ルフィが冒険して海賊王になるんでしょ」っていうだけじゃないんですよね。

 

この作品の面白いところは登場キャラクターがものすごく多いんだけど、ちゃんとそれぞれに作り込まれた設定があって、込められたストーリー性が深いんですね。

 

しかもとにかく設定がたくさんあって細かい!

物語の要所要所に伏線が引かれているのですが、単行本にして10巻、リアルの時間として3年くらいあとにポンと伏線が回収されるなんてこともザラ。

 

これはもうミステリー作品です。

ONE PIECEに関するまとめサイトとか、考察サイトがあるくらいですし。

 

 

そしてキャラクターの男気が熱かったり、考え方もキャラクターごとに多種多様。

このあたりは、もはや任侠ものです。

 

 

以上をまとめると、ONE PIECEはバトル漫画とかではなく、任侠ミステリー漫画なのです。

 

 

ここから大事なことを言うので注目ー!!

 

 

 

ひとつ言っておきたいことがありますが。

海賊王におれはなる!」というフレーズはご存知ですよね?

 

ONE PIECEを読んだことがなくても、このフレーズはどこかで目に、または耳にしたことはあると思います。

 

 

たぶんあまり読んだことのない方は「結局ルフィが海賊王になってめでたしめでたし、なんでしょ?」と思っている方も多いはず。ONE PIECEを読んでる方でもそう思っている方は多いでしょう。

 

 

 

ONE PIECEという漫画のゴールは、

 

 

 

海賊王ではありません。

 

 

 

 

ルフィには夢があるのです。

それが何かはまだ作中で語られていませんが、その夢を叶えるために海賊王を目指しているのです。

 

ルフィに夢があるということは、作中で明らかに語られています

 

海賊王になるのは目的でなく、あくまでも手段

 

NARUTOもそうでした。

火影という里の長になることはひとつの目標ではありましたが、火影になってどうしたいのかということ。

 

ここが作中ではサラッと語られているので、意外と気づいていない方も多い気がします。

 

やはり最終的にルフィはきっと海賊王にはなることでしょう。

 

それまでにどのようにのし上がって行くのか、ストーリーに散りばめられた伏線がどう回収されていくのか、ルフィは海賊王になって何をしたいのか、このあたりがこの漫画の見どころなのだと思います。

 

 

連載当初からゴールは決まっていると作者の尾田さんはおっしゃっています。

連載15年の頃、物語ではゴールの半分のところにたどり着きました。

ぼくはゴールまであと10年以上はかかると踏んでいます。

 楽しみで仕方ありません!!

 

踏み込んだ考察などは別の機会に記事を書こうと思います。

 

 

 

 

 

ホントに、

 

 

 

いいおっさんが何を熱く語ってるんだか!

 

 

だって好きなんだからしょうがないじゃない!!

 

 

 

 

ヒーハーッ!!!

f:id:tavivid:20161108215547j:plain

ぼくがむかし書いたイワンコフ。

 

 

 

以上です!

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

こちら最新巻。  

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)

 

 

 ユー、いっそ全部買っちゃいなよ! 

ONE PIECE コミック 1-82巻セット (ジャンプコミックス)