雨のち晴れ、日常ときどき非日常。

日常と向き合ったり、非日常を感じるためのブログ。

弾丸ツアーまとめ その6〜高知編〜

10月17日(七日目)「高知の市街地観光」

旅を始めて一週間。毎日移動を続けてきたせいで、かなり疲れもたまってきていたため一旦移動をやめて高知にもう一泊することにしました。

 

ホテルをチェックアウトし、軽く市街地を観光することに。

 

まずは日本でもトップクラスのがっかりスポット、はりまや橋

何ががっかりするって、橋そのものが小さくてなぜ橋を作らなければならなかったのかという疑念が浮かんでしまうんですねー。

f:id:tavivid:20161101000721j:plain

 

 

これ必要だったの?

 

 

「いや、川の上を通るのに必要だったんでしょ?」

 

って思われると思いますが、実はこの写真の左側すぐ、

 

 

 

道路です。

 

 

 

完全に橋と平行してる

 

 

 

 

道路です。

 

 

 

ま、まあ、当時(いつか知らないけど)は必要だったんでしょうね。

 

 

たぶん。

 

 

ある意味感動しつつ、次は高知城へ向かいます。

路面電車に乗りました。

f:id:tavivid:20161101001359j:plain

 

結構好きなんですよね、電車。

 

 

で、3駅ほど乗り5分程度歩くともう高知城へ到着します。

 

はい、ドン!!

f:id:tavivid:20161101002017j:plain

 

なんかカッコいいからモノクロにしました。

 

 

これぼくだけじゃないと思うんですが、旅行に行くと観光地ってとりあえず行っちゃいますよね?

 

元気があるときはテンション高いからとりあえず観光地とかどこ行っても「ヒャッハー!」って言いながら楽しんでしまうんですけど、前述した通りこの午前中の段階で超必殺技を使えるくらい体力が残っていなかったもので、代わりに頭は冷静でした。

 

 

「つか、城とかあんま興味ねーな。」

 

 

元も子もありませんね。

 

いま思い返せばこんな素敵な写真が撮れただけでもいい思い出なのですが、この時は写真をパシャパシャと数枚撮って早々と切り上げました。

 

 

ランチの裏技

そうこうしている内にお昼近い時間。

 

この旅行をしている間に覚えた技なんですが、ぼくは朝遅く起きて基本的に朝食を食べないので早めにランチにしていました。

 

なぜかと言うと、こう観光地を巡っているとお昼時は食事する所がかなり混むんです。

12時から14時くらいまでは結構お店選びに苦慮することがあるので、ランチの時間を早めにするとかなり気楽にお店に入ることができるのです。

 

この技はかなりオススメ。

たいていのお店が11時オープンなので、11時〜11時半頃までにお店に入れればかなりスムーズです

逆に遅めの14時以降を狙おうとするとランチ営業を終了するお店も結構あるので、こうなるともはやランチすら出来なくなってしまいます。

なんとなく普通な朝ごはんをしっかり食べてしまうより、お昼にその土地のものをちゃんと食べる方がいいかなと思います。だいたい夜より料金も安いし。

 

というわけで、昨晩断念したひろめ市場へ行ってみることに。

 

リベンジじゃ!!

 

鼻息も荒くなります。

 

 

 

おっふ。

 

 

店が全然開いてない!!

 

 

このひろめ市場、夜がメインのようでランチに営業しているお店は夜の半分くらいでした。席は空いていたんですけど、人気店はすでに行列。。

 

あれ?なんか裏技使えてなくね?

 

 

はい。

 

 

 

今日も諦めます。

 

 

というわけでひろめ市場はやめて昨晩ウツボ丼を食べたお店の隣のお店に行きました。

 

その行列ができていた店なんですが、実は近くの商店街にも店舗があるんですよね。で、観光客ばかりだし料金をどう見ても割高に感じてしまって、もっと地元民が行くお店があるんじゃないかと思ったんです。それでそっちのお店へ行ったら料金も良心的で地元で働いていると思しきサラリーマンの姿もあったので結果オーライって感じです。地鶏の炭火焼丼をいただきました。

播磨屋というお店でした。こちらもオススメです。

 

 

それからはもうどこへ行くこともなくホテルにチェックインして洗濯して夕方までゴロゴロ休んでました。

 

 

SHISHA CAFE "CIRCUS"

晩ごはんは商店街で済ませて、いざシーシャカフェへ。

 

前回から引っ張ってきたシーシャ。ご存知の方もいると思いますが、水タバコのことです。

 

東京にも店舗が多くあり、以前から知ってはいたのですが一度も体験したことがなかったのですが、昨夜歩いていたらたまたま見つけてしまい「これは行くしかない!」と思い行ってみました。

 

CIRCUSと書いて”キルクス”と読むそうです。

f:id:tavivid:20161101010306j:plain

 

いやー、見るからに妖しい雰囲気を放っていますが、そんな場所こそゾクゾクしますね。

 

入ってみるとガッツリ腕にタトゥーが入って、ピアスもたくさんしたオシャレなおにいさんが店長さん。

もともとぼくの友達にもタトゥーを入れた人はいたので、そんなに抵抗はありませんでしたが話すとめっちゃいい方でした。

 

初めてのぼくに、水タバコとはなんぞやという所から一つ一つ丁寧に教えてくださりました。

 

シーシャについて

 

こんな器具を使用します。

f:id:tavivid:20161101010824j:plain

 

左のビールは関係ありませんが、白ビールヒューガルデン。うまいよ。

 

で、仕組みとしてはまず、写真右上のお皿のような所のさらに上にタバコの葉を入れる容器があります。

タバコの葉と言ってもニコチンやタールなどはあらかじめほとんど除去して、さらに色々なフレーバーのシロップに漬けてあります。例えばストロベリー、レモン、ミント、チョコレート・・・など元になるフレーバーは100種類以上。さらにそれらを組み合わせることも出来るので、色んなフレーバーを作り出すことができます。

 

そしてそのタバコの葉に直接炭を置いて燻すような感じで水タバコ容器に香りを充満させます。

 

その充満した水蒸気を右手前のホースで吸うと容器下部のガラス瓶に溜まった水をフィルターとして通過し、ここでまたさらにタールなどは除去されるので実質タールはゼロに近い状態で肺に送りこまれます。

 

 

エジプトや中東が発祥なのですが、近年アメリカを中心としてかなり流行ってきているみたいです。

 

 

喫煙には違いないのですが、タール・ニコチンの摂取がほぼゼロという所や、香りを嗜むという感覚に近いのでリラクゼーションの一種として好まれているようで、喫煙者はもちろんのこと、非喫煙者も利用されているとのこと。

 

ニコチン含有量がほぼゼロなので基本的に依存性はほぼなりませんが、どちらかと言えば行動依存というか習慣性がついて通う人もいるんだそうです。

 

注)タール・ニコチンがほぼゼロと言ってもタバコであることに違いはないので、未成年はNGですよ。20歳までガマン!

 

 

シーシャの感想

タバコとは吸い方も違います。

タバコは煙を口に含んでからさらにもう一度吸う感覚ですが、水タバコはパイプをくわえている間に深く息を吸って、この段階で肺に全て送りこみます。そのためパイプを離したらもう息を吸わずにゆっくり息をはくのです。

水タバコは香りが薄まらないようにタバコみたく二段階では吸いません。

 

実際ぼくも吸ってみた感想として、たばこクサい感じは全くないし、たばことは全く違う感覚。

初日はレモンとミントを合わせたフレーバー、二日目は人気のメロンフレーバーを吸ってみました。店長さんの配合が上手なのもあると思いますが、香りがキツい感じもなくてすごくリラックスできました。

 

料金は器具の使用に1500円、プラスでワンドリンクを頼むスタイルで、ぼくはビールを飲んだので合計で2300円でした。

 

水タバコは一台で一時間半くらい利用できます。一人一台でなくても一緒に行った友達や恋人とシェアしてもOKです。

 

ぼくの他にも一人で来ているお客さんやカップルで来ているお客さんも何組かいました。DVDを持参して水タバコを吸いながら映画を観てるカップルがいて、ちょっとうらやましく思いました。

 

ぼくはお酒を飲みましたが、周りのお客さんはわりとみんなジュースを頼んで水タバコやりながら友達とだべってる感じだったので、お酒飲まない人なんかはいいかもしれません。バーの代わりになる場所になりそう。

 

初めての水タバコでしたが、すごくリラックスするのと居心地が良くて一時間半はすぐに経ってしまいました。

 

 

うーん、また一つ大人のたしなみを覚えてしまった。。

 

 

成年になって14年経ちますけどね!

 

 

そんな素敵スポットを見つけた高知の夜になりました。

 

ありがとうございました。